【COVID-19】新型コロナワクチンの職域接種・食中毒について

こんにちは。医療法人社団東信会です。

東京五輪を見据えて、「まん延防止等重点措置」がとられ(2021年7月1日現在)

都民向けには

  • 日中も含めた不要不急の外出・移動の自粛
  • 要請営業時間の変更を要請した時間以降、飲食店にみだりに出入りしないこと 等

事業者向けには

  • 施設の使用制限の要請(営業時間短縮の要請)
  • 催物(イベント等)の開催制限 等

が要請されています。

今回は、新型コロナワクチン感染症についてと食中毒について情報提供を致します。

  • 職域接種の概要
  • 職域接種のパターン
  • 職域接種で企業が準備するもの
  • 接種会場の具体的イメージ
  • 子供に対してのワクチン接種の考え方
  • 妊婦に対してのワクチン接種の考え方
  • 食中毒について
PDFファイルはコチラ
政府CIOポータルサイトによると

6月1日現在の接種率は

全国民では

1回目接種率:4.51% 2回目接種率:0.37%

65歳以上の高齢者では

1回目接種率:15.43% 2回目摂取率:1.25%

5月中旬以降は

急速に接種率は高まってきてる

菅総理大臣は、5月28日の記者会見で、ワクチンについて「十分な量はすでに確保している」と述べ、6月末までに1億回分が供給され、9月までには、さらに1億回分を上回るワクチンが確保できる予定だと説明しました。

そのうえで「6月中には、予約状況などを踏まえ、高齢者への接種の見通しがついた市町村から、基礎疾患がある方々も含め、広く一般にも接種を開始する。皆さんの職場や大学でも接種を進めていく」と述べました。

さらに、1日当たりの接種回数について「現在は40万回から50万回だが、6月中旬以降は、打ち手も含めて、100万回に対応できるような体制ができてくると思う」と述べました。

(2021年5月28日時点)

この記事を書いた人

医療法人社団東信会